Just another WordPress site

賠償請求する

弁護士に相談して交通事故の脳脊髄液減少症の賠償請求する

弁護士に相談をして交通事故の脳脊髄液減少症に関する賠償請求をすれば、通常よりも遥かに大きな慰謝料を相手から請求できるようになります。本来、交通事故に関連する慰謝料の相場というのは治療ができる程度の怪我の程度ならば過去の傾向や事例を参考にすることによって相場を比較的簡単に算出することが出来ます。しかし、交通事故で被害者が後遺症が発症する程度で怪我を受けた時には過去の事例よりも大きな相場で慰謝料を請求することが可能になりますので、実際にそうした被害にあった時にはまず賠償請求が出来るように手続きを進めていかなくてはいけません。

交通事故が他の民事的な案件で慰謝料を請求する時と大きく異なるのは、請求相手が加害者自身ではなく保険会社になることです。保険会社に対して慰謝料を請求しなくてはならないので、事故によって生じた心身の負担の証明は加害者ではなく保険会社にしなくてはいけません。そのため、加害者に対して何らかの対応を請求するために病院からの診断書などを送りつけたとしても意味が無いということを理解しておく必要があります。

特に、脳脊髄液減少症などの比較的重い症状を患ってしまった時にはそれ専用の手続きのために必要な書類を整えて保険会社に提出しなくてはいけません。そして、保険会社に渡された被害者の怪我に関する資料は損害保険料率算出機構という特別な場所に移されてそこで審査と調査が行われることになります。普通の怪我の時もまずはこの機関に書類等が送られて計算がされるのですが、基本的に交通事故の審査基準と言うのは機関に対して渡された客観的な資料によって全て行われますので、事前に提出した資料とその後に怪我の状況が変わった時に提出した資料が同じであった場合には等級認定がされないことがあるので注意が必要です。

弁護士に相談をすればどのような手続きをすればよいのかを教えてくれますし、場合によって法的な手続きの代行を行ってもらえるのですがそうした手続きを行ってもらうにしても、まずは正確な資料が必要になりますので被害者自身で用意しなくてはいけません。弁護士に相談する段階で資料を揃えておけば後から面倒な行動をしなくても済むようになりますので、速やかに等級認定を受けて慰謝料を受けることが可能です。

等級認定を受けた後の慰謝料に関しても、通常の慰謝料と同じように納得がいかない場合には示談や裁判をすることが出来ます。そのため、まずは金額を算出してもらって提示してもらうことを目的として手続きをすることが重要なのです。