Just another WordPress site

交通事故の相場

交通事故の相場を弁護士に詳細に計算してもらう

交通事故における慰謝料などの相場を計算するときには、被害者本人が計算するのではなく弁護士などを利用して正確に計算していくことが非常に重要になります。交通事故は、他の民間トラブルと異なって加害者側に対して請求できる権利が多い案件です。慰謝料請求とは言いますが、その請求金額の中には損害賠償や後遺障害に関する保証も含まれているので、詳しい内訳をしっかりと計算しなくてはなりません。

交通事故の相場を計算するときの基本は、非現実的な請求金額にならないように過去の傾向を参考にすることです。慰謝料は、被害者自身の精神的な損失を補償するために存在する請求権であるため、被害者それぞれの精神的な損失を一律に判断して基準を決めることは本来難しいものであると言えます。他人が苦痛に感じないことであっても、被害者本人が苦痛に感じると思っているのならばそれが慰謝料として反映されるのが法律上のあり方になっているわけです。

しかし、こうした被害者自身の心情をすべて勘案して慰謝料を計算していると被害者同士で不公平な慰謝料請求の結果にもつながってしまいます。例えば、過去に同じような交通事故のトラブルが生じていた場合に、その時には慰謝料が100万円請求できたとします。この場合、過去の傾向を判断しないで今回の似たような案件で被害者が50万円程度の慰謝料しかもらうことが出来ないとなってしまうと、同じような案件で被害者同士でものすごく不公平な結果になってしまうわけです。特に、日本の司法は全体的な傾向としてこのような状況を嫌う傾向にありますので、実際に慰謝料の計算をするときには個々人で基準を設けることが出来ないと判断されている慰謝料でも一定の相場が存在しているのです。

こうした事情もありますので、交通事故の慰謝料の相場を弁護士に計算してもらうと、現状の交通事故と比較してまず過去に同じようなケースがなかったのかを調べるところから弁護士の仕事が始まるわけです。こうすることで、公平な慰謝料請求をすることが出来るようになり、慰謝料に法律的な基準がないにも関わらず一般的に言われている相場の考え方が存在するのも納得がいきます。

交通事故は、様々な権利関係を考慮しなくてはならないのに違いはありません。弁護士はそうした権利関係を整理して正しい選択をすることが出来る法律家であるため、相談をするときには依頼人の方からも間違えないのない正しい情報を提供しておくことが大事です。